コミュ障にもオススメの就職支援サービス

コミュ障フリーターでも就職できた方法とは

投稿日:2018年5月30日 更新日:

こんにちは、リクです。

コミュ障の僕は、フリーターから正社員で就職するのに3年以上もかかってしまいました。

あなたも、就職できずに困っていませんか?

コミュ障だと思ってしまう方は、緊張したり思わずやってしまっていることがあるので、不採用になってしまうのです。

フリーターから抜け出して、早く就職するには面接練習あるのみです。

これは、コミュ障の僕の経験から言えることです。

面接練習しても、うまくいかないあなたは「ハタラクティブ」「JAIC(ジェイック)」などの就職支援サービスを使う方法がオススメです。

今回は、不採用になってしまう原因や就職する方法に迫っていきます。

これまで、就職できなかったあなたにも当てはまることがあるのと思うので、ぜひ読んでみてくださいね。

コミュ障フリーターを抜け出すことができなかった

コミュ障の僕は、会社を辞めてから3年以上就職することができませんでした。

書類選考は、ネットで履歴書の書き方をググることで少しずつ通るようになっていきました。

ですが、面接は同じようにググっても、うまくいかず50回以上落ち続けるだけでした・・・

一日でも早く、こんな苦しいフリーター生活を抜け出したくて、 自分なりに懸命に練習はしました

しかし面接になると、思うように伝わらなかったり、質問にも見当違いの答え方をあって、うまくいきませんでした。

やはり「コミュ障の僕では、正社員で就職することが無理なのかな」と自分に嫌になるばかりでした…

それでも、面接を受けていく中で、何ができていないのか改善できるポイントを探すことはできました。

コミュ障が、面接で不採用になってしまう原因

コミュ障の僕もそうだったように、書類選考は通るのに面接で不採用になってしまうのです。

コミュ障フリーターでも就職できた方法とは

緊張してしまう

コミュ障だと思ってしまう方は、いつも話すことができないわけではありません。

普段から話し慣れている家族や友人だと話すことができますが、初対面の人だと緊張しまうのです。

緊張は誰にも起こるもので、多少の緊張は普段とのメリハリをつける意味でも効果があります。

ですが、 極度に緊張してしまうと、普段通りに話すことができなくなってしまいます。

また、表情もこわばってしまって、面接官からの印象も悪くなります。

言いたいことが伝わっていない

面接官は、あなたのことを何も知らないですよね。

だからこそ、アピールして質問にも答えなければいけないのです。

コミュ障だと思ってしまう方は、言いたいことが伝わっていなかったり、質問に対する答えができていないことがあります。

せっかく自己アピールがあったとしても、面接官に伝わらないのです。

その一つに、主語・述語が抜けていることが挙げられます。

コミュ障の僕もよくあるのですが、相手に聞き返されることがあります。

主語・述語が抜けてしまうと 「誰に対して、何を言いたのか」が伝わりづらくなってしまうのです。

言いたいことが伝わっていない

目線がキョロキョロ動いている

話す時や聞く時に、目線がキョロキョロ動いていることがあります。

これは、考えながら話している時や緊張・不安から起こってしまうのです。

面接では、第一印象で9割が決まるといわれています。

ですので、印象が悪くなってしまうのです。

一番いいのは、面接官の目を見て話すことです。

でも、そんなことを言われても難しいと思うので、 鼻やネクタイあたりを見て話すだけでも印象が良くなりますよ。

コミュ障フリーターが就職する方法は「面接練習あるのみ」

紹介した3つがコミュ障だと思ってしまう方が、不採用になってしまう原因なのです。

克服して就職する方法は、面接練習あるのみです。

練習せずに、面接を受け続けても、いつになってもフリータから抜け出すことができないのです。

これは、コミュ障の僕の経験から言えることです。

かといっても、練習しても「何ができていないのか」分からなければ面接を乗り越えることは難しいです…

だからこそ、家族や友人といったあなたのことを分かっている方にもてもらってアドバイスをもらたほうがいいですよ。

さらには、就職支援サービスを利用して、プロのコンサルトの方に見てもらうこともオススメの方法ですよ。

コミュ障フリーターでも就職する方法

コミュ障フリーターでも就職する方法

就職支援サービスは、一人一人に専任のコンサルタントがついて、正社員で就職できるようにサポートしてもらえます。

就職相談から、求人探し、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、さらには就職後のフォローまで受けることができます。

サ―ビスを最初から最後までどれだけ使っても無料ですよ。

面接を乗り越えられなくて、フリーターを抜け出すことができないあなたも、「どうやってアピールすればいいのか」「印象のいい答え方」など、こと細かくアドバイスもらえますよ。

コミュ障の僕も、「ハタラクティブ」という就職支援サービスを使って、正社員で就職することができました。

カウンセリングから、 僕の強みやアピールできることを引き出してもらえました。

不安があった面接対策では、最初はうまく前述のようなことができなかったけど、コンサルタントの方が辛抱強く教えてもらえました。

だから、コミュ障と思ってしまう方でも、フリーターから正社員になれる可能性は高くなりますよ。

まとめ

  1. コミュ障だと思ってしまう方が、不採用になってしまう原因は大きく分けて3つある
  2. 一つ目が、極度に緊張をしてしまうことで普段通りに話すことができずに、表情がこわばって印象も悪くなっている
  3. 二つ目が、自己アピールしても主語と述語が抜けていることで、言いたいことが伝わっていない
  4. 最後に、考えながら話したり、緊張や不安から目線がキョロキョロ動いている
  5. これらを克服して就職する方法は、面接練習あるのみ
  6. 就職支援サービスを使うと、プロのコンサルタントに「どうやってアピールすればいいのか」「印象のいい答え方」などのアドバイスをもらえる
  7. 最初はできなくても、少しずつできるようになるので、フリーターから正社員に就職できる可能性が高くなる


いま読まれている記事

コミュ障でも正社員になれる!就職支援サイトランキング 1

コミュ障だから就職は難しいと思っていませんか? コミュ障だから面接に受からないと諦めていませんか? 確かに一人で就職活動をするととても大変です。 僕も何度も面接に落ち、何度も就職を諦めようと思ったこと ...

コミュ障が就職できないのは甘えがあるからなのか? 2

あなたは、「就職できない」と思っていませんか? そのように思ってしまう甘えがどこかにあり、就職できないのかもしれません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、「就職」に対して向き合っていけば、就職 ...

たった3つ!コミュ障が就職するための秘策とは 3

「コミュ障で就職できるか不安」 「面接を何回受けても、受からない」 確かに僕の経験でも、コミュニケーション能力がないと判断されたであろう面接では不採用になってきました。 というより、僕がこの秘策をマス ...

理系のコミュ障ならこんな就職先がオススメ 4

あなたは、理系なのに就職できないと悩んではいませんか? 理系は、就職が有利と思われがちですが、そうとは限りません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、比較的就職しやすい職種もあります。 今回は、 ...

5

文系は技術に特化した理系より、就職に不利なイメージがありますよね。 コミュ障の場合、ただでもコミュニーケーションが苦手というハンデがあるので、就職するためにどう対策をとっていけばいいのか? 悩ましいと ...

-コミュ障にもオススメの就職支援サービス

Copyright© コミュ障フリーターの就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.