コミュ障の考え方や行動を見直す方法

コミュ障からの就職が辛いのは分かる!でも自殺は絶対にダメ!

投稿日:2017年10月29日 更新日:

いつまでも就職できなかったら辛いですよね。

辛さから逃げたくて自殺を考えてしまう人もいます。

コミュ障と思ってしまう方でも、プロのサポートがあれば就職することはできます。

今回は、自殺と追い込まないために僕の体験談を通じて、対策法に迫っていきます。

僕も、面接に落ち続けて自殺を考えてしまった

コミュ障の僕も、面接になると緊張して思ったことが言えずに、質問にも返せなくて黙ってしまうことがありました。

僕なりに、緊張しない方法や伝わる言い方など試行錯誤してみたのですが、やっぱり面接では緊張してしまって、練習通りにはうまくできなかったのです。

だから、面接にはこれまでに50回以上不採用になりました。

いつも頭を抱えて悩んでいて、もう自分でもどうしていいか分からず、 誰にも相談することができずにいました

こんな辛くて、苦しい就職活動を続けるくらいだったら「自殺」して楽になろうかなって人生を終わろうかなと思っていました。

僕のように、思う通りに就職活動がうまくいかなくて、自殺を考えてしまう人も多くいます。

自分を追い込まないこと、自殺は絶対にダメ

コミュ障と思ってしまう方は、面接でうまく言いたいことが言えない、質問にも上手く返答できません。

会社は、コミュニケーション能力を求めているため、受け答えができないと面接で落ちてしまいます。

最初は、面接で落ちても次に挑戦しようと頑張ることができます。

しかし、自分でも「上手く言いたいことが言える、質問に答えられるように何度も練習する」努力はしているけど、結果は不合格の通知ばかり・・・

その通知も紙切れ一枚きて、「採用お見送り」と書かれているだけです。

コミュ障からの就職が辛いのは分かる!でも自殺は絶対にダメ!

会社側も、なんで不採用なのかは教えてくれません。

ここで一つ不採用な理由としてあげるとしたら、あなたが「面接官と受け答えができていない」からです。

なぜなら、 会社 求めていることが 「コミュニケーション能力」だからです。

それは分かっていて、自分なりに試行錯誤するけど、合格できない・・・

精神的に追い込まれてしまって、どうしたらいいかわからなくなります。

就職したいけど、どうやっても上手くいかない自分との葛藤の繰り返しです。

毎日毎日が辛くなってきて、どこにも受け入れてもらえないと感じてしまうこともありますよね。

このままずっとフリーターとして生きていかないといけないのかと思うと途方にくれます。

だんだん生きていることが辛くなってきて、自殺を考えることがあります。

自殺したほうがこの苦しい生活から早く抜け出せるかもしれないと思ってしまいますよね。

でも、 何もかも終わりになるから 自殺は 対にダメです。

あなたがこれまでに努力してきたこと、乗り越えてきたことがたくさんありますよね。

それが全部無駄になります。

会話が苦手だから、辛い就職活動になっているかもしれない。

僕もそうだったけど、 一人で抱え込んでいるのではないでしょうか?

誰にも相談することができないで、どんどん自分を追い込んでいきます。

それが自殺へと追い込んでいることも考えられます。

そんな時に、僕が見つけたのが就職支援サービスでした。

就職支援サービスが支えになってくれる

就職支援サービスは、一人一人に専任の就職支援アドバイザーがついて、正社員で就職できるようにサポートしてもらえます。

もちろん、使うからといって就職しないといけないことはなく、 カウンセリングから受けることができるので、心のケアもできますよ。

就職相談から、職探し、履歴書や職務経歴書の添削、面接対策、就職後のフォローまで受けることができます。

就職支援サービスが支えになってくれる

僕は、ハタラクティブという就職支援サービスを使いました。

就職相談からしてもらって、これまでの辛かった就職活動や苦しかった面接のことなど、親身になって聞いてもらうことで精神的に少し楽になり、僕にとって心強い味方になってもらえました。

そして、面接対策を徹底的にしてほしいとお願いしました。

面接対策では、模擬面接をしてもらって、上手な伝え方や、印象の良い答え方、面接のコツなどアドバイスをもらいながら、練習を積み重ねることができました。

最初はうまくできなかったけど、 僕のペースに合わせて熱心にサポートしてくれたことで就職することができました。

一人で抱え込んでいるあなたもきっと就職できるので、まずは相談からしてみてはどうでしょうか?

まとめ

  1. コミュ障だと思ってしまう方が、一人で就職活動してしまうと、精神的追い込まれてしまって辛い
  2. これまでの努力したこと、乗り越えたことが何もかも終わりになるから自殺は絶対ダメ
  3. 就職支援サービスを使えば、就職支援アドバイザーの方に就職相談することで精神的にも楽になる
  4. 面接対策では、受け答えの練習や面接のコツなどのアドバイスをもらいながら、練習を積み重ねることができる
  5. あなたのペースに合わせて、熱心にサポートしてもらえるから、就職の可能性が見えてくる
  6. まずは、カウンセリングからして、心のケアをしてもらうことがオススメ


いま読まれている記事

コミュ障でも正社員になれる!就職支援サイトランキング 1

コミュ障だから就職は難しいと思っていませんか? コミュ障だから面接に受からないと諦めていませんか? 確かに一人で就職活動をするととても大変です。 僕も何度も面接に落ち、何度も就職を諦めようと思ったこと ...

コミュ障が就職できないのは甘えがあるからなのか? 2

あなたは、「就職できない」と思っていませんか? そのように思ってしまう甘えがどこかにあり、就職できないのかもしれません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、「就職」に対して向き合っていけば、就職 ...

たった3つ!コミュ障が就職するための秘策とは 3

「コミュ障で就職できるか不安」 「面接を何回受けても、受からない」 確かに僕の経験でも、コミュニケーション能力がないと判断されたであろう面接では不採用になってきました。 というより、僕がこの秘策をマス ...

理系のコミュ障ならこんな就職先がオススメ 4

あなたは、理系なのに就職できないと悩んではいませんか? 理系は、就職が有利と思われがちですが、そうとは限りません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、比較的就職しやすい職種もあります。 今回は、 ...

5

文系は技術に特化した理系より、就職に不利なイメージがありますよね。 コミュ障の場合、ただでもコミュニーケーションが苦手というハンデがあるので、就職するためにどう対策をとっていけばいいのか? 悩ましいと ...

-コミュ障の考え方や行動を見直す方法

Copyright© コミュ障フリーターの就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.