コミュ障に合ったオススメの仕事探し

コミュ障でも就職したいなら都会に行くのが手っ取り早い

投稿日:2017年9月14日 更新日:

ひょっとしてあなたは、地方だけで就職活動をしていませんか?

地方つまり田舎は、都会に比べて求人は、圧倒的に少ないです。

さらに、就職支援がほぼないから、コミュ障だと思っている方の就職活動が難しくなるのです。

ですが、都会は就職をサポートしてもらえるできる「就職支援サービス」があるから、就職できる可能性が飛躍的に高まります。

今回は、都会で就職したほうがいい具体的な理由と対策法について迫っていきます。

僕は、都会で就職するしかなかった

コミュ障の僕は、田舎出身です。

田舎で仕事を探していましたが、求人数が少なくて・即戦力が求められる会社が結構多かったです。

未経験だった僕は、面接では自己アピールすることができずに、ボソボソ話したり、質問にもすぐ答えることができませんでした。

だから、どこも受けても、結果同じで不採用になり、最終的には受けられる会社がなくなったんですよね・・・

というのも僕には、 やりたい仕事があったからそもそもの求人数が少なくて、都会に出て就職しか選択肢がありませんでした。

でも、都会は求人数は多いけどそれだけ受ける人数も多くいて、田舎で全滅だった僕が 就職できる自信がなかったんですよね

僕のように、田舎で就職できなくて都会で就職しようとしている人は多くいます。

都会で就職するという意思が大事

あなたは、都会で就職することにどんなイメージがありますか?

都会は、求職者も多くいますがそれ以上に求人数があります。

だから、「就職するという覚悟」あれば就職できますよ。

田舎から都会に出てきて就職することは大変なこともあります。

コミュ障でも就職したいなら都会に行くのが手っ取り早い

なんといっても、一人暮らしをしないといけません。

実家にいれば、親が家事を全部やってくれていたかもしれません。

それを自分でやらなくてはいけない。

ですが、人生は一度きりです。

あなたがしたい仕事、やりたい仕事があるならば、都会に上京して就職するべきです。

しかし、都会で就職できればいいやくらいの気持ちだったらどうでしょうか?

いくら、求人数があるといっても就職者も多くいます。

だから、すぐに就職できるとは限りません。

大切なのは「絶対就職してやりたい仕事がある」と意思も持って就職活動することです。

でも就職するためには、面接を通らなければいけません。

会社で求めている能力って何?

田舎でも都会でも、 会社が一番求められることは「コミュニケーション能力」です。

コミュニケーションは、仕事のやり取りをするうえでなくてはならないものです。

やり取りがうまくできてないと、ミスにつながって業務が遅れてしまうことになります。

面接では、コミュニケーションがしっかりできているか見られています。

コミュ障と思ってしまう方は、話すことが苦手です。

緊張してしまうから、言いたいことが言えない、相手の質問にも返答できません。

都会だから、会話が苦手であっても、簡単に就職できるわけではないのです。

でも、都会には就職できる可能性があります。

僕が、都会だったら就職できると思ったのは、就職支援サービスがあったからです。

コミュ障でも就職できるチャンスはある

就職支援サービスでは、あなたが 正社員で就職できるようにサポートしてくれるサービスがあります。

田舎にはほぼないですが、都会それも東京には多くあります。

だから、東京は就職しやすいと言えます。

コミュ障でも就職できるチャンスはかなりある

就職支援サービスは、一人一人に専任のアドバイザーがついて就職のサポートを受けられます。

就職相談、職探しから履歴書・職務経歴書の添削、面接対策それから就職後のフォローまでしてもらうことができます。

面接の日程調整の細かな段取りもお任せできます。

コミュ障の僕が、東京で就職するために使ったのが「ハタラクティブ」でした。

就職内定率が80%あり、未経験者でもOKの求人が1,500件以上取り扱っていたので、やりたかった仕事が見つかりました。

利用者の3人に2人がフリーターや既卒・正社員未経験者の方で、20代が約90%ということが僕が使いやすいと思った特徴です。

さらには、フリーター・コミュ障だと思ってしまう方などの就職支援実績も60,000人以上もいたから、安心でした。

それは、コミュ障の僕も不安だった面接対策が充実していたからです。

模擬面接で、 専任のアドバイザーの方にアドバイスをもらえたことで、自己アピールやうまく伝える方法・相手の質問にも返答できるようになりました。

最初はうまくできなかったけど、練習を積み重ねていくことで、希望通りの仕事に就職することができました。

まとめ

  1. 都会の方が田舎より圧倒的に求人数が多いが、求職者も多い
  2. だから、都会で就職したいなら強い意志を持つことが大切
  3. 田舎でも都会でも、会社で求めていることは「コミュニケーション能力」
  4. 都会だったら、コミュ障だと思ってしまう方でも就職できるチャンスがある
  5. なぜなら、就職支援サービスがあって、専任の就職支援アドバイザーから、サポートしてもらえるから
  6. アドバイスをもらいながら、面接練習を積み重ねることで、自己アピールや受け答えが上手くなる
  7. 就職したいなら都会に行くのが手っ取り早い


いま読まれている記事

コミュ障でも正社員になれる!就職支援サイトランキング 1

コミュ障だから就職は難しいと思っていませんか? コミュ障だから面接に受からないと諦めていませんか? 確かに一人で就職活動をするととても大変です。 僕も何度も面接に落ち、何度も就職を諦めようと思ったこと ...

コミュ障が就職できないのは甘えがあるからなのか? 2

あなたは、「就職できない」と思っていませんか? そのように思ってしまう甘えがどこかにあり、就職できないのかもしれません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、「就職」に対して向き合っていけば、就職 ...

たった3つ!コミュ障が就職するための秘策とは 3

「コミュ障で就職できるか不安」 「面接を何回受けても、受からない」 確かに僕の経験でも、コミュニケーション能力がないと判断されたであろう面接では不採用になってきました。 というより、僕がこの秘策をマス ...

理系のコミュ障ならこんな就職先がオススメ 4

あなたは、理系なのに就職できないと悩んではいませんか? 理系は、就職が有利と思われがちですが、そうとは限りません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、比較的就職しやすい職種もあります。 今回は、 ...

5

文系は技術に特化した理系より、就職に不利なイメージがありますよね。 コミュ障の場合、ただでもコミュニーケーションが苦手というハンデがあるので、就職するためにどう対策をとっていけばいいのか? 悩ましいと ...

-コミュ障に合ったオススメの仕事探し

Copyright© コミュ障フリーターの就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.