コミュ障でも面接に受かる方法

コミュ障が書類選考で落とされない為の履歴書や職務経歴書の書き方

投稿日:2017年11月1日 更新日:

あなたは、書類選考に通らないと悩んではいませんか?

履歴書、職務経歴書は、一つ一つの書き方が悪いと、何回も落とされてしまいます。

コミュ障だと思ってしまう方でも、気を付けるべきところ注意して書くと通りやすくなります。

さらには、面接の時に話しやすくなるメリットもあります。

今回は、落とされないための注意点や面接が有利になる書き方を紹介していきます。

僕は、書類の書き方が分からなかった

コミュ障の僕は、面接前に必ずある書類選考が勝負でもありました。

それは、1年半の間に2回も解雇されている僕にとっては、書類選考で落とされることは予想できたからです。

事実、書き慣れていない最初の頃は片っ端からから落とされ続けて、その数はなんと100社以上にもなっていました。

せっかく時間をかけて書いた履歴書が、そのまま手元に返ってくるみじめさは忘れようがありません

どこに気を付けて書いていけばいいか、通りやすくなるのか、担当者は何を見て判断するのか分からなくて、ただ書類を埋めていくだけでした。

でも、落とされても書き続けていくと、通りやすくなってきて書く時のポイントや、面接での話すきっかけになることも分かってきました。

書類選考って何の為にあるの?

なぜ書類選考があるかというと、どのような人物か知ってもらい、会社にとって必要な人材なのか判断するものです。

だから応募者が多いと、ここで落とされる可能性があります

担当者も1枚1枚丁寧に見ているわけではなく、10秒から長くても1分くらいです。

だから、ぱっと見たときにあなたの良さをアピールできるように書かなければいけませんね。

コミュ障だと思ってしまう方は、話すことが苦手です。

ここで、アピールしておけば書類選考を通りやすくなり、さらには面接官に話を振ってもらいやすいから、話しやすくなりますよ

では、どんなことに気を付けて書いていけば良いのでしょうか?

履歴書で見られているポイント

履歴書は、あなたの学歴や職歴、資格、志望動機といった大まかな人物像を知ることができる書類です。

だからこそ、なるべく細かく書いていく必要があります。

コミュ障が書類選考で落とされない為の履歴書や職務経歴書の書き方

写真移りが悪い

履歴書を見たとき、最初に入るところです。

スピード写真で撮ると、ぼやけていたり、傾いていたりすることが多くなり、マイナスのイメージなってしまいます。

ここで評価が下がるのは非常にもったいないことですね。

ですので、お金はかかってしまいますが、スタジオ写真がオススメです。

写真を撮るときは、短い髪にして、髭をそり清潔にしてから、印象のいい写真を撮りましょう。

字が汚い

最近は、手書きよりもパソコンで打つ方が主流になりました。

ですが、文字で書くとあなたの性格が出て、丁寧さが伝わるから「手書き」で書いたほうがいいという会社もあります。

だからこそ、時間をかけて丁寧に書くように心がけましょう。

せっかく手書きで書いても、字が汚いと印象が悪くなります。

ブランクが多い

ブランクが多いと、即戦力がないと思われて落とされることがあります。

職歴は、アルバイトでも経験を積んだことに変わりはないので、できるだけ書きましょう。

また、就職するための志望理由にもつながりますよ。

書いている内容が薄い

志望動機の欄は、他の応募者と差をつけられる唯一の場所です。

ネットに転がっているような志望動機を書くだけでは、見たときにばれて熱意や、やる気を感じてもらうことはできません。

あなたの言葉で「企業になぜ入りたいのか」気持ちを入れて書くようにしましょう。

また、特技や趣味を書けるところはできるだけ書くと、あなたの人物像が分かってもらいやすくなります。

本人希望欄にマイナスなことを書いている

希望欄ですが、なんでも書いていいわけではありません。

例えば「残業ができない」「何曜日は出勤できない」など書くと、仕事をやりたくないのかなと思われてしまいます。

書くとすれば、連絡がつく時間などにして、働ける条件は避けるべきですね。

なければ空白ではなく、「貴社規定でお願いいたします」と書いておきましょう。

職務経歴書は、あなたのアピールポイント

職務経歴書は、あなたがこれまでにどんな仕事をして、どのような実績を積んだか、そこから得た知識や学んだことを書いていきます。

その経験を活かして、会社に入ってどのように貢献できるのかアピールしていけますね。

また自己PRを書くには、自己分析と企業分析をしっかりやりましょう。

職務経歴書は、あなたのアピールポイント

これまでの経験から、乗り越えたことや努力してきたことなどからあなたの強みを自己分析しましょう。

アピールしていくには、企業のことも知っておく必要があるためホームページを見て企業分析もしておきましょう。

そうすることで、説得力のある自己PRができますよ。

紹介したようなことに注意しながら書いてもらって、アピールができると書類選考は通りやすくなりますよ。

さらにはコミュ障と思ってしまう方は、面接の際に話すきっかけになるので役立ちますよ。

まとめ

  1. 書類選考は、企業にとって必要な人材か判断するためのもの
  2. 担当者が1枚読むのにかける時間は、10秒から長くても1分と短い
  3. 履歴書で見られているポイントは、「写真移りが悪い、字が汚い、ブランクが多い、本人希望欄にマイナスなことを書いている、書いている内容が薄い」
  4. スピード写真だと、ぼやけたり傾いたりするので写真移りが悪くなるので、スタジオ写真で清潔にしてから撮る
  5. 字が汚いと印象が悪くなる、またパソコンで打つより、手書きで書いたほうがあなたの性格が出て、丁寧さが伝わる
  6. ブランクが多いと、即戦力がないと判断される、アルバイトでも立派な職歴になり、志望動機にもつながるのでなるべく書く
  7. ネットに書いてある志望動機だと内容が薄いので、企業になぜ入りたいか、特技や趣味など書くと、人物像を分かってもらいやすくなる
  8. 本人希望欄は、マイナスになる働ける条件を書かずに、連絡がつく時間や「貴社規定でお願いいたします」と書く
  9. 職務経歴書は、自己分析と企業分析をして説得力のある自己PRを書く
  10. さらにコミュ障と思ってしまう方は、ここに時間をかけてアピールポイントを引き出しておけば、面接で話しやすくなる


いま読まれている記事

コミュ障でも正社員になれる!就職支援サイトランキング 1

会話が苦手だから、就職できないとあきらめてしまってはいませんか? 一人で就職活動をするから、就職することが難しくなってしまいます。 だから、正社員として就職するためには、プロのサポートを受けて、アドバ ...

コミュ障が就職できないのは甘えがあるからなのか? 2

あなたは、「就職できない」と思っていませんか? そのように思ってしまう甘えがどこかにあり、就職できないのかもしれません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、「就職」に対して向き合っていけば、就職 ...

コミュ障は採用されにくい?コミュ障で悩む人の就職活動まとめ 3

「面接を何回受けても、受からないな」と悩んでいませんか? 面接では、コミュニケーション能力がないと判断されたら不利になります。 ですが、コミュ障と思ってしまう方でも、「伝え方・第一印象・長く続けもらえ ...

理系のコミュ障ならこんな就職先がオススメ 4

あなたは、理系なのに就職できないと悩んではいませんか? 理系は、就職が有利と思われがちですが、そうとは限りません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、比較的就職しやすい職種もあります。 今回は、 ...

5

文系は、理系と比べて就職できる職種は多くあります。 ですが競合相手が多いために、会社が求めるハードルはそれだけ高くなります。 コミュ障だと思ってしまう方に必要なことが、熱意・人柄・そしてコミュニケーシ ...

-コミュ障でも面接に受かる方法

Copyright© コミュ障フリーターの就職ナビ , 2018 AllRights Reserved.