コミュ障からの就職は難しいが無理じゃない

職歴なしのコミュ障フリーターでも就職はできる

投稿日:2017年9月6日 更新日:

職歴がなかったら、就職できるか不安がありますよね。

就職するためには、職歴は一つの判断材料になるから、不利になるといえます。

でも、面接でうまくアピールすることで、就職できる可能性はあります。

とはいっても、コミュ障と思ってしまう方は、アピールが伝わるかということですよね。

今回は、どのようにアピールしたらいいのか対策法を紹介していきます。

僕は、職歴が悪すぎたので就職できなかった

コミュ障の僕は、専門学校卒業してから運よく就職できたけど、職場も人とコミュニケーションが取れないことでミスが多くなっていきました。

次の会社でも同じようになって、1年半の間に2回も解雇されてしまいました。

だから、職歴がない26歳フリーターという最悪の条件に近い状態でした。

面接では、当然のように「辞めた理由」を聞かれました。

上手く答えることができず、それをカバーする自己アピールができなかったので、面接に50回以上も不採用になりました。

フリーターから抜け出すことができない辛くて、苦しい生活を送るハメになりました。

僕のように、職歴なしのコミュ障フリーターだと、就職することが難しいことに身を持って実感しました。

職歴なしのコミュ障フリーターだと就職が難しくなる

職歴は、就職するうえで判断材料になります。

面接では「前職でどんなことをされていましたか?」とよく聞かれます。

これは、会社に入って即戦力になってもらえるかどうかを、面接官が知りたいからです。

少しでも、即戦力になってくれた方が会社のために貢献できます。

職歴なしのコミュ障フリーターでも就職はできる

職歴なしのフリーターだと、経験や実績がないということになります。

業務を一から教えないといけないので、時間がかかります。

教える時間だけ会社にとっては、はっきり言えば無駄な時間になってしまいます。

職歴がある人だったら、教えなくてもそのまま仕事ができることが多いからです。

職歴なしのフリーターだと、社会人経験が少ないので、人間性に問題がある」とか、「すぐ辞めてしまう」と思われてしまいます。

では、どうすれば就職できるのでしょうか?

面接でアピールできるようにする

あなたが、今やっているアルバイトがあれば立派な職歴といえますよ。

正社員とアルバイトは立場が違うけど、仕事内容に違いほとんどありません。

なので、アルバイトを経験して乗り越えたことや、努力したことなどアピールしていけば大丈夫です。

アピールは、あなたを表現する大事なアイテムといえるのです。

その他にも、学生時代の部活動やボランティア、成績、習い事などアピールできることはたくさんあります。

これらをどのようにアピールできるかによって、面接官に伝わる印象がずいぶん変わってきます。

ですがコミュ障と思ってしまう方だと、緊張してしまって言いたいことが言えない、質問にも返答できないことがあります。

採用しても連携が取れないことで、ミスにつながると思われてしまいます。

だから、職歴なしのコミュ障と思ってしまうフリーターは、就職が難しくなるのです。

せっかくのアピールがあってもうまく伝わらないと、非常にもったいないですよね。

僕も、アピールは考えることはできたけど、伝える方法に苦戦していました。

そんな時に、出会ったのが就職支援サービスでした。

就職支援サービスを使えば就職できる

就職支援サービスを使えば、職歴なしコミュ障と思ってしまうフリーターの方でも就職できる可能性が高くなります。

なぜなら職探しから、履歴書や職務経歴書、面接対策、就職後のフォローまで、一人一人に専任の就職支援アドバイザーがついて、親身になってサポートしてくれるからです。

就職支援サービスを使えば就職できる

僕が使った「ハタラクティブ 」は、20代のフリーター・既卒に特化したサービスです。

利用者の3人に2人がフリーターや正社員未経験者で、20代は約90%もいたので僕も抵抗なく使えました。

内定率は80%以上と高く、未経験OKの求人も1500件以上あるので職歴なしのフリーターの僕でも就職できるかもと思うことができました。

それは、これまでにフリーターやコミュ障と思ってしまう方の就職支援が60,000人以上もいたからです。

僕が一番、不安があった面接対策もバッチリしてもらうことができました。

模擬面接をやってくれて、どのようにアピールしていけば伝わるのか、受け答えがうまくなるように丁寧にアドバイスを受けながら、面接練習を積み重ねることで乗り切ることができました。

だから、あなたにだって就職できるはずですよ。

まとめ

  1. 職歴なしのフリーターの方が、就職するには面接でアピールがしっかりできること
  2. アピールは、あなたを表現する大事なアイテム
  3. アルバイトや、部活動、学業などで経験した乗り越えたこと努力したことなどアピールといえる
  4. コミュ障と思ってしまう方でも、就職支援サービスを使えば、一人一人に合わせて就職できるようにサポートしてもらえる
  5. 就職支援アドバイザーの方に、どのようにアピールしたり、受け答えすればいいのか、的確なアドバイスもらいながら、面接練習を積み重ねていくことができる
  6. アピールがしっかりできて、伝わるようになれば就職できるはず


いま読まれている記事

コミュ障でも正社員になれる!就職支援サイトランキング 1

会話が苦手だから、就職できないとあきらめてしまってはいませんか。 一人で就職活動をするから、就職することが難しくなってしまいます。 だから、正社員として就職するためには、プロのサポートを受けて、アドバ ...

コミュ障が就職できないのは甘えがあるからなのか? 2

あなたは、「就職できない」と思っていませんか? そのように思ってしまう甘えがどこかにあり、就職できないのかもしれません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、「就職」に対して向き合っていけば、就職 ...

コミュ障は採用されにくい?コミュ障で悩む人の就職活動まとめ 3

「面接を何回受けても、受からないな」と悩んでいませんか? 面接では、コミュニケーション能力がないと判断されたら不利になります。 ですが、コミュ障と思ってしまう方でも、「伝え方・第一印象・長く続けもらえ ...

理系のコミュ障ならこんな就職先がオススメ 4

あなたは、理系なのに就職できないと悩んではいませんか? 理系は、就職が有利と思われがちですが、そうとは限りません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、比較的就職しやすい職種もあります。 今回は、 ...

5

文系は、理系と比べて就職できる職種は多くあります。 ですが競合相手が多いために、会社が求めるハードルはそれだけ高くなります。 コミュ障だと思ってしまう方に必要なことが、熱意・人柄・そしてコミュニケーシ ...

-コミュ障からの就職は難しいが無理じゃない

Copyright© コミュ障フリーターの就職ナビ , 2018 AllRights Reserved.