コミュ障にもオススメの就職支援サービス

悩んでいるコミュ障に使ってほしい就職相談サービス

投稿日:2017年11月13日 更新日:

あなたは、就職できないと悩んでいませんか?

一人で悩みを抱え込んでしまっても、解決できなければ就職することは難しくなります。

コミュ障だと思ってしまう方は、面接での受け答えができないことに悩んでいることが多いです。

でも、就職支援サービスを使うと、就職できる可能性が高まります。

今回は、就職サービス使ったらいい理由を、僕の体験談をもとに紹介していきます。

僕は、一人で悩みを抱えてしまった

悩んでいるコミュ障に使ってほしい就職相談サービス

就職できない悩みを打ち明けることは、恥ずかしいですよね。

管理人のコミュ障の僕も、面接には50回以上不採用になりました。

面接では、思ったことを言い出せなかったり、質問にもたどたどしく答えることしかできませんでした。

自分でも鏡を見て表情や、録音して話し方の改善などはしましたが、結果は変わりませんでした。

就職できないことを家族や・友人に相談するのが恥ずかしいと思っていたからです。

かといってハローワークのような就職相談は、国が運営していることもあって、「どうせ相談しても無駄だろうな~」と思っていました。

悩みが誰にも打ち明けることができないまま、一人で抱え込んでしまったことで、就職をあきらめかけていました

「面接を受けてもどうせ無理なんだから、それだったら受けないほうがまし」だと思うようになりました。

家に引きこもることが多くなり、苦しかった就職活動から抜け出したくても抜け出せない自分がいました。

就職できないと悩むコミュ障はあなただけではない

就職活動で悩む人の多くは「面接」です。

面接では、面接官との受け答えから採用するか判断されています。

それは、会社が一番求めていることが「コミュニケーション能力」だからです。

コミュニケーション能力は、仕事をするうえで欠かすことができません。

就職できないと悩むコミュ障はあなただけではない

会話がうまくできていないと、連携が取れないことで、ミスにつながることが多くなります。

コミュ障と思ってしまう方は、面接になると緊張して、言いたいことが言えなかったり、質問に返答することができなかったりします。

だから、仕事ができないと思われてしまうから受かりにくいです。

落ちたからといって、そのあとも同じように面接を受け続けても結局は、同じような結果になる可能性が高くなります。

そうならないためには、しっかりとした面接対策をしなければいけませんね。

僕は、一人で悩み続けていた時、ネットで偶然見つけたのが「就職支援サービス」でした。

一人で悩んでいるあなたに使ってほしいサービス

就職支援サービスは、企業と就職したい人の間をつなぎ、正社員になるサポートをしてくれるサービスのことです。

一人一人に、専任の就職アドバイザーが親身になって正社員で就職できるようにサポートを受けられます。

就職相談から、職探し、履歴書や職務経歴書の書き方、面接対策、就職後のフォローまでしてもらえます。

サービスを最初から最後までどれだけ使って完全無料で利用できます。

一人で悩んでいるあなたに使ってほしいサービス

僕が使った「ハタラクティブ 」では、アドバイザーの方がカウンセリングを1時間程度してもらいました。

そこで親身になって相談に乗ってくれたことで、これまでの辛かった就職活動・うまく受け答えができなくて、落ち続けて苦しんだ面接のことなど悩みを打ち明けることができました。

そして、今後はどのように就職活動していけばいいのか、一緒に考えてもらえたことで、自分でも就職できそうな実感を持つことができ、心強い味方に感じることができました。

面接練習では、模擬面接をしてもらったことで、実際の雰囲気を想定した練習ができました。

アドバイザーの方が、どのように伝えたらいいか、印象の良い質問の答え方や面接のコツなど的確なアドバイスをもらいました。

コミュ障の僕でも、練習を積み重ねていくことで、自信が付いていって何とか正社員として就職することができました。

就職支援サービスには、就職支援講座が受けられるジェイック や、面接対策は一人当たり平均24時間の徹底したウズウズキャリアセンター 、企業実習が受けられて、そのまま就職できることもある若者正社員チャレンジ事業 などがあります。

それぞれに強みがあり、あなたに合った就職支援サービスを受けて見てくださいね。

就職できないとあきらめかけていた僕でされ就職できたので、あなたにだってきっと大丈夫ですよ。

就職支援アドバイザーにも、あなたとの相性が合う人、合わない人がいるので、親身になってくれるアドバイザーに出会うことも大切です。

また、一つだけ登録するのではなく、複数登録することでスキルアップできるので、早く就職することができますよ。

まとめ

  1. コミュ障と思ってしまう方は、受け答えがうまくできなくて、面接で受かりにくい
  2. なぜなら、会社が一番求めていることが「コミュニケーション能力」だから
  3. 一人で悩み抱え込まないで、相談できる相手がいれば、アドバイスをもらうべきです。
  4. 就職支援サービスでは、一人一人に専任の就職支援アドバイザーが親身になって、正社員で就職できるようにサポートを受けられる
  5. これまでの辛かった、大変だった就職活動の悩みを打ち明けて、今後のプランを一緒に考えてもらえるので、心強い味方になってもらえる
  6. 面接対策では、伝え方や印象のいい答え方などアドバイスをもらいながら、面接練習を積み重ねることができる
  7. 親身になってくれるアドバイザーに出会うことや、複数登録することで早く就職することができる
  8. もし、あなたが一人悩んでいるなら、一度就職支援サービスに相談することがオススメ


いま読まれている記事

コミュ障でも正社員になれる!就職支援サイトランキング 1

会話が苦手だから、就職できないとあきらめてしまってはいませんか。 一人で就職活動をするから、就職することが難しくなってしまいます。 だから、正社員として就職するためには、プロのサポートを受けて、アドバ ...

コミュ障が就職できないのは甘えがあるからなのか? 2

あなたは、「就職できない」と思っていませんか? そのように思ってしまう甘えがどこかにあり、就職できないのかもしれません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、「就職」に対して向き合っていけば、就職 ...

コミュ障は採用されにくい?コミュ障で悩む人の就職活動まとめ 3

「面接を何回受けても、受からないな」と悩んでいませんか? 面接では、コミュニケーション能力がないと判断されたら不利になります。 ですが、コミュ障と思ってしまう方でも、「伝え方・第一印象・長く続けもらえ ...

理系のコミュ障ならこんな就職先がオススメ 4

あなたは、理系なのに就職できないと悩んではいませんか? 理系は、就職が有利と思われがちですが、そうとは限りません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、比較的就職しやすい職種もあります。 今回は、 ...

5

文系は、理系と比べて就職できる職種は多くあります。 ですが競合相手が多いために、会社が求めるハードルはそれだけ高くなります。 コミュ障だと思ってしまう方に必要なことが、熱意・人柄・そしてコミュニケーシ ...

-コミュ障にもオススメの就職支援サービス

Copyright© コミュ障フリーターの就職ナビ , 2018 AllRights Reserved.