コミュ障は面接で苦労する定め

コミュ障は世間知らずと思われて面接で不利になることもある

投稿日:2017年7月26日 更新日:

あなたは、世間一般的な常識を持っていますか?

面接では、常識やマナーも重要な判断材料になって、できていないと世間知らずと思われて、不利になります。

コミュ障と思ってしまう方は、受け答えが上手くなることはもちろんのこと、常識やマナーができてくると可能性が高まります。

今回は、マナーをどうやって身に付けて、就職につなげていくのか紹介していきます。

僕は、マナーがないと思われていた

僕もコミュ障なので、面接には50回以上、書類選考を合わせると100回以上と数えきれないくらい不採用になりました。

面接官を前にすると、ボソボソと受け答えしてしまい、言いたいことが伝わらない、質問にも自信を持って答えられませんでした。

しかも、受け答えに集中しすぎることで、面接でのマナーができてなかったと思います

入室から、椅子に座る、話す時の姿勢や聞く態度、退室・・・

今思えば、誰でも簡単そうに思うことが意外とできていなかったと思います。

自分では、できていると思っていて分からなかったんですよね・・・

コミュ障の僕みたいに、話すことに気を取られてしまうと、できていないことが多くなり世間知らずと思われてしまうことが分かってきました。

コミュ障は世間知らずと思われてしまう

コミュ障は、話すことが苦手なのであまり友達以外との付き合い方を知らないことが多いです。

常識は、学生の頃いろいろな人と話して、アルバイトなど仕事をすることで身に付いていきます。

コミュニケーションを身に付けると、マナーもわかってきます。

コミュ障と思ってしまう方は、あまりそういうことをしないで避けてきて社会人になっている人が多くいます。

マナーがないことが世間知らずにつながるのです。

コミュ障は世間知らずと思われて面接で不利になることもある

「一般的にできることができていない。」

面接だってそうですよね。

面接官と、普段通り話して質問されたら答えるだけなのに、話すことが苦手な人には難しく思えますよね。

誰からもマナーを教わることができないために「たぶんこうだろうな~」と思って面接をやってしまう。

受け答えがあっているか、間違っているかも分からないことが多いはずです。

それでは、採用しても連携が取れないことで、ミスにつながると思われてしまいます。

だから、就職することが難しくなるのです。

ではマナーを身に付け、世間知らずと思わないためにはどうすればいいのでしょうか?

世間知らずと思われないためにできること

ネットや新聞などを読んで、常識やマナーを頭に入れ込むことが大切です。

これが、大切な一つの手段です。

読んでいると面接での常識やマナーも、たくさん書いているので実践できることはできるだけやりましょう。

その時に自分は、出来ていると思わないことも必要です。

というのも、できていると思うとそこで成長が止まってしまうからです。

マナーやコミュニケ―ションは、実践できるようにいって就職するためには練習あるのみです。

世間知らずと思われないためにできること

僕も、一人で練習するとできているかわからなくて、不安がありました。

そんな時に、ビジネスマナーを身に付けれる就職支援サービスを知りました。

早く就職したいなら就職支援サービスを使うことをオススメ

就職支援サービスは、正社員で就職できるように専任のコンサルタントの指導をしてもらうことができます。

いくつかありまりますが、そのなかの「ジェイック」という就職支援サービスがを受けてみました。

ジェイックは、ビジネスマナーやコミュニケーションを向上させる、10日間の就職支援講座を無料で受けることができます。

コミュ障の僕でも、伝え方や答え方を学べて、実践することができるので就職できる自信が付きました。

ビジネスマナーや、コミュニケーションが身に付くからこそ、就職内定率と就職定着率が高くなるわけです。

最初は、「講座を受けて成長できるのかな」と不安な気持ちもありましたが、受けてみると自分自身のスキルが上がっていくのが実感できましたね。

もちろん個別での、面接対策を徹底的にしてもらえたので、就職することにつながりました。

あなたも、世間知らずと思われないためには、就職支援サービスを使って、スキルを磨くことで面接を乗り越えることができますよ。

まとめ

  1. 面接で受け答えができていなければ、常識・マナーもないと判断されて不利になる
  2. 日頃から、ネットや新聞などを読んで常識やマナーを身に付けておくことが大切
  3. 実践していくために、無料の就職支援講座が受けられる「ジェイック」という就職支援サービスを受けてみることがオススメ
  4. スキルを身に付けていくことで、世間知らずと思われることも少なくなって、さらには受け答えも上手くなるから就職できる


いま読まれている記事

コミュ障でも正社員になれる!就職支援サイトランキング 1

会話が苦手だから、就職できないとあきらめてしまってはいませんか? 一人で就職活動をするから、就職することが難しくなってしまいます。 だから、正社員として就職するためには、プロのサポートを受けて、アドバ ...

コミュ障が就職できないのは甘えがあるからなのか? 2

あなたは、「就職できない」と思っていませんか? そのように思ってしまう甘えがどこかにあり、就職できないのかもしれません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、「就職」に対して向き合っていけば、就職 ...

コミュ障は採用されにくい?コミュ障で悩む人の就職活動まとめ 3

「面接を何回受けても、受からないな」と悩んでいませんか? 面接では、コミュニケーション能力がないと判断されたら不利になります。 ですが、コミュ障と思ってしまう方でも、「伝え方・第一印象・長く続けもらえ ...

理系のコミュ障ならこんな就職先がオススメ 4

あなたは、理系なのに就職できないと悩んではいませんか? 理系は、就職が有利と思われがちですが、そうとは限りません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、比較的就職しやすい職種もあります。 今回は、 ...

5

文系は、理系と比べて就職できる職種は多くあります。 ですが競合相手が多いために、会社が求めるハードルはそれだけ高くなります。 コミュ障だと思ってしまう方に必要なことが、熱意・人柄・そしてコミュニケーシ ...

-コミュ障は面接で苦労する定め

Copyright© コミュ障フリーターの就職ナビ , 2018 AllRights Reserved.