コミュ障からの就職は難しいが無理じゃない

コミュ障でも就職活動に成功する人と失敗する人の比較

投稿日:2017年9月22日 更新日:

あなたは、就職に成功する人と失敗する人の違いはなんだと思いますか?

けっしてコミュ障と思ってしまう方が、失敗するとは限らないのです。

ここではっきり言いたいのは、就職してからの「目的を持つ」ことで、成功に近づきやすいということです。

今回は、成功する人と失敗する人の比較や、対策法に迫っていきます。

僕は、就職したいという感情だけで面接を受けていた

コミュ障の僕は、面接を受けても自分に意見がなかったり、質問が来てもなんとなく答えることが精一杯でした。

面接を受けても受けても、どこにも通らない・・・

「このままどこに就職できなかったらどうしよう」と、自分の中で焦っていたので、求人を見つけては面接を受けていました

恐らく、面接を何回も受けていたので、慣れてきて受け答えが上手くなっていたんですよね。

でも今思ってみると、「就職して何かやりたい」というよりも「どこでもいいからとりあえず就職したい」という感情で面接を受けていたと思います。

だから、「働きたい」という感情が面接官に伝わっていなかったと思います。

僕のように、求人を見つけては受けていることが、就職できない原因になっていることもあるんだと分かりました。

就職活動で失敗してしまう人

就職で失敗してしまう人は、なんとなく職種を選んで、会社を受けていることが多いです。

これでは、面接でうまく答えられないことになります。

なぜなら、志望動機や自己PRを言う時に「会社で働きたい」という思いが伝わりづらいなるからです。

仕事を続けていくには、熱意や意気込みがないと長く続きませんよね。

いざ、就職しても自分のやりたくない仕事ではなかったら「やる気」が出ません。

しかし、人は好きなことや、したい事には素直に感情が湧いてきやすいです。

それと比べて、やりたくない事や苦手なことは、避けがちになります。

嫌なことがあったり怒られたりすると、へこんでしまったり、辞めてしまうケースもあります。

だから、なんとなくで仕事を選ぶことで、失敗することが多いのです。

会社は、入社したら「長く続けてもらいたい」ということを思っています、

そして、即戦力して会社のために貢献してもらいたい人材が欲しいのです。

では、どのようにすれば成功できるのでしょうか?

成功するためには目的を持つべき

求人を見つけたから、なんとなく受けていたらいけないと紹介しました。

そうならないためには、目的を持つことが大切です。

コミュ障でも就職活動に成功する人と失敗する人の比較

具体的には、「会社に入ってどんなことをしたい」「挑戦したい」ことを明確にイメージしておきましょう。

仕事では、当然分からないことや、迷うこともありますよね。

目的があると、その時にできなかったとしても、次はどうやったら早く、効率よく仕事ができるようになるか、考えて解決できるようになりますよ。

向上心を見せることによって、自分も成長できて、会社のために貢献できるようになります。

それは面接で、熱意や意気込み、向上心をしっかりアピールして面接官に伝わりやすくなります。

ところが、コミュ障と思ってしまう方は、会話が苦手です。

緊張して言いたいことが言えない、相手の質問にも答えることができないことで、採用してもらえないことが多いです。

なぜなら、一番求めていることは「コミュニケーション能力」だからです。

採用しても、連携が取れずにミスにつながると思われているからです。

僕も、就職して「どんなことをしていきたいか」考えて見ることで目的を持つことができました。

しかし、それをどのようにアピールしていけばいいのか不安がありました。

そんな時に、就職支援サービスに出会いました。

就職支援サービスはどんなサービス?

就職支援サービスは、正社員で就職するためにサポートをしてくれるサービスです。

一人一人に、専任の就職支援アドバイザーがついてくれます。

就職支援サービスはどんなサービス?

職探しから、履歴書・職務経歴書の添削、面接対策、さらには就職後のフォローまであります。

もちろん、全てのサービスが無料で受けることができますよ。

僕が使ったハタラクティブという就職支援サービスは、就職内定率80%以上あり、これまでの就職支援実績は6万以上います。

未経験OKの求人も1500件以上取り揃えていて、適性診断ではあなたに向いている仕事を見つけられることができますよ。

コミュ障と思ってしまう方でも、就職できるように面接対策も徹底した練習をしてもらえますよ。

僕も、模擬面接をしてもらって、目的を持つことでどんなことも伝えたらいいのか、質問の答え方などアドバイスを受けながら、練習を積み重ねることで就職することができました。

こんなコミュ障の僕でも、面接を乗り超えたんだから、あなたにだって就職できるはずですよ。

まとめ

  1. 就職に失敗する人は、求人を見つけてはなんとなく受けている人です。
  2. やりたいと思える仕事でないと、自分の感情が伝わりづらいです。
  3. 一方で、成功する人は目的を持っている人です。
  4. 目的があると、就職してから考えて解決することができて、自分を成長することができる
  5. だから、熱意や意気込みなどのアピールが伝わりやすくなるが、コミュ障と思ってしまう方には不安がある
  6. 就職支援サービスでは、面接対策をアドバイザーの方にとことん練習してもらえる
  7. 目的を持つことでどのようにアピールすればいいのか、質問の答え方もアドバイスが受けられる
  8. だから、就職活動が成功できる


いま読まれている記事

コミュ障でも正社員になれる!就職支援サイトランキング 1

会話が苦手だから、就職できないとあきらめてしまってはいませんか? 一人で就職活動をするから、就職することが難しくなってしまいます。 だから、正社員として就職するためには、プロのサポートを受けて、アドバ ...

コミュ障が就職できないのは甘えがあるからなのか? 2

あなたは、「就職できない」と思っていませんか? そのように思ってしまう甘えがどこかにあり、就職できないのかもしれません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、「就職」に対して向き合っていけば、就職 ...

コミュ障は採用されにくい?コミュ障で悩む人の就職活動まとめ 3

「面接を何回受けても、受からないな」と悩んでいませんか? 面接では、コミュニケーション能力がないと判断されたら不利になります。 ですが、コミュ障と思ってしまう方でも、「伝え方・第一印象・長く続けもらえ ...

理系のコミュ障ならこんな就職先がオススメ 4

あなたは、理系なのに就職できないと悩んではいませんか? 理系は、就職が有利と思われがちですが、そうとは限りません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、比較的就職しやすい職種もあります。 今回は、 ...

5

文系は、理系と比べて就職できる職種は多くあります。 ですが競合相手が多いために、会社が求めるハードルはそれだけ高くなります。 コミュ障だと思ってしまう方に必要なことが、熱意・人柄・そしてコミュニケーシ ...

-コミュ障からの就職は難しいが無理じゃない

Copyright© コミュ障フリーターの就職ナビ , 2018 AllRights Reserved.