コミュ障の就職に役立つその他情報

理想と現実!コミュ障が就職するために知っておくべき情報

投稿日:2017年10月11日 更新日:

あなたは、やりたい仕事を追い求めてはいませんか?

そのような仕事は人気があるから、コミュ障と思ってしまう方には、難しいかもしれません。

就職するためには、理想と現実を見極めることも大切なのです。

今回は、なぜ見極める必要性あるのか、僕の体験談を通して紹介していきます。

僕も、理想の仕事があった

コミュ障の僕は、これまでに面接に50回以上、書類選考に100回以上不採用になりました。

面接官の前にすると、話したいことが言葉に出てこない、質問の内容を理解できずに答えることができなかったりしました。

だから、理想のやりたいこと仕事があったのに自分の思いが伝わらず落とされていました

最初の頃は、「受けては落ち、受けては落ち」の繰り返しでした。

次第に、自分でもどうしたら就職できるのか分からなくなっていました。

面接を受けても、不採用になるくらいだったら、「受けないほうがまし」だと思うようになってきて、就職から逃げてしまっていたのです。

逃げたところで前には進まないことは分かっていました。

だからといって、やりたくないような仕事に就職することは違いました。

もし、就職してもすぐに現実が嫌になると思っていたからです。

就職活動をしていて、僕のように理想の仕事があるのに、面接が思うようにいかなくて現実を知ってしまう人も多くいることが分かってきました。

やりたい仕事を求めているばかりだと、就職できないかも

理想と現実!コミュ障が就職するために知っておくべき情報

誰もが、好きな仕事・やりたい仕事をしたいはずです。

しかし、やりたい仕事ができるのは3人に1人ということが事実です。

ということは、好きな仕事に就職するためには、他の応募者の人と競い合わなければならないことになります。

「他の人とよりも、自分を入れたほうがメリット」があって、会社のために役に立つことをアピールしていく必要があります。

こうなった時に、コミュ障と思ってしまう方は不利になってしまいます。

面接になると、緊張して言いたいことがうまく伝えられなくて、面接官の質問にも答えることができません。

これでは、あなたがいい人材でも欲しいとなりにくのが現実です。

面接では、会話が苦手だということはすぐばれてしまいます

なぜなら、自己紹介の段階でうまく言えないことが多いからです。

面接官はこれまでに何人も見てきたプロです。

ばれてしまったら、どんなことを言っても就職することは難しくなります。

でも根本的に、コミュ障と思ってしまう方は直そうとしない、向き合おうとしません。

避けて理想ばかりを追い求めてしまうから、いつにたっても就職できないのかもしれません。

それは「コミュ障だとは認めたくない」あなたがいるのです。

いつか就職できる、運が悪かっただけと思ってしまうこともあるのです。

だから僕も、就職できるどころか「不採用」になる数だけが増えていきました。

やりたいことがあれば逃げたらダメ

やりたいことがあれば逃げたらダメ

就職できないから、現実から逃げたいのは誰でもあります。

しかし、乗り越えられるかあるいは、逃げるかがあなたの人生の分かれ道かもしれませんね。

コミュ障と思ってしまう方は、障害ではなく人前で話すことが苦手なだけです。

しっかり向き合い、練習を積み重ねれば就職することはできますよ。

就職は、できるだけ早めにしたほうがいいです。

30歳も越えてしまうと、アルバイトですら受からなくなってしまうからです。

未経験だと一から教えないといけないし、年下から教えてもらうことになるからです。

それは会社もあなたも、やりにくいですよね。

プライドも高くなって、自分のやり方で仕事をしてしまうこともあります。

だから、正社員で就職するには20代のうちじゃないと就職は難しいのです。

僕は就職支援サービスを使うことで、就職コンサルタントの方に、したい仕事のことや悩み、不安など相談しました。

そして、自己アピールや受け答えのコツなど就職コンサルタントからアドバイスをもらいながら、練習を積み重ねることができました。

本来やりたかった仕事とは違ったけど、僕の希望を聞いたもらえたことで、なんとか就職することができました。

まとめ

  1. 誰もが、好きな仕事を求めている
  2. しかし、3人に1人しかやりたい仕事ができないのが現実
  3. 就職するためには、他の応募者の人より自分を入れたほうが、良いことをアピールしなければいけない
  4. コミュ障と思ってしまう方は、理想を追い求めてしまうから就職が難しくなる
  5. 30歳をすぎてしまうと、正社員で就職することが難しくなる
  6. 就職コンサルタントの方に、アドバイスを求めてみることもオススメ


いま読まれている記事

コミュ障でも正社員になれる!就職支援サイトランキング 1

会話が苦手だから、就職できないとあきらめてしまってはいませんか? 一人で就職活動をするから、就職することが難しくなってしまいます。 だから、正社員として就職するためには、プロのサポートを受けて、アドバ ...

コミュ障が就職できないのは甘えがあるからなのか? 2

あなたは、「就職できない」と思っていませんか? そのように思ってしまう甘えがどこかにあり、就職できないのかもしれません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、「就職」に対して向き合っていけば、就職 ...

コミュ障は採用されにくい?コミュ障で悩む人の就職活動まとめ 3

「面接を何回受けても、受からないな」と悩んでいませんか? 面接では、コミュニケーション能力がないと判断されたら不利になります。 ですが、コミュ障と思ってしまう方でも、「伝え方・第一印象・長く続けもらえ ...

理系のコミュ障ならこんな就職先がオススメ 4

あなたは、理系なのに就職できないと悩んではいませんか? 理系は、就職が有利と思われがちですが、そうとは限りません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、比較的就職しやすい職種もあります。 今回は、 ...

5

文系は、理系と比べて就職できる職種は多くあります。 ですが競合相手が多いために、会社が求めるハードルはそれだけ高くなります。 コミュ障だと思ってしまう方に必要なことが、熱意・人柄・そしてコミュニケーシ ...

-コミュ障の就職に役立つその他情報

Copyright© コミュ障フリーターの就職ナビ , 2018 AllRights Reserved.