コミュ障からの就職は難しいが無理じゃない

コミュ障でも真面目さをアピールできれば就職はできる

投稿日:2017年7月11日 更新日:

真面目さがあるから、就職できると思いたいですよね。

しかし、コミュ障だと思ってしまう方が、真面目ということだけでは、面接官に伝わらない場合が多いです。

だから、あなたのエピソードと踏まえてアピールすることで、就職できる可能性が高くなるのです。

今回は、どうやってアピールしていけばいいのか、対策法を紹介していきます。

僕は、真面目だけど就職できなかった

コミュ障の僕は、会話が苦手という意識はありました。

受け答えが上手くできなかったとしても、自分の性格が真面目ということが長所でした。

だから、何回か面接を受けていれば良さを分かってもらえて、就職できるだろうと思い込んでいました。

質問に対して「真面目だから、仕事はできると思います」みたいなことを言っていました。

しかし、面接官には 僕の言ったことは、伝わらなかったのです。

結果的に、面接を50回以上不採用になりました。

僕なりに「なんで、伝わらないんだろうか?」と考えてみることにしました。

伝わりさえすれば、採用してもらえるはずなのに、どうしたらいいだろう・・・

僕は、面接を受けていくなかで「真面目さ」だけでは就職できないことに気が付きました。

なんで、真面目なだけでは就職できないの?

仕事は、決められた時間までに出来なければ評価してもらえません。

むしろ、できなかったことを誰かがカバーしないといけない。

真面目な人は、仕事を丁寧にやってくれると一番に思われます。

面接では、物事に真剣に向き合える、困難なことがあっても乗り越えられる、責任感を持ってしっかりやり遂げられるなどのアピールができます。

コミュ障でも真面目さをアピールできれば就職はできる

聞こえはいいですが、仕事をするうえでごく当たり前のことを言っているようにも感じます。

「仕事なんだから真剣にやるには当然」と思われることもあります。

悪いように言えば、融通が利かない、物事をまっすぐしか見られない、柔軟性がないなども考えることができます。

一つのことしか考えることができずに、効率よく仕事ができません。

コミュ障だと思ってしまう方は、真面目さだけでは仕事ができないこともあります。

なぜなら、連携が取れないことでミスにつながると思われてしまうからです。

仕事は、一人でするのではなく、協力していくことが大切になります。

だから、「仕事ができる」という真面目さをアピールする具体例があれば説得力が増します。

僕は、「真面目」ということは言っていたけど、アピールができていなかったので、就職できなかったんです。

アピールのやり方で就職できる

具体的なエピソードがあれば今までの経験で仕事にも活かすことができるということができます。

例えば、学生の部活動だとしましょう。

県の大会で優勝したなら大きなアピールです。

どうやって優勝できたのかを踏まえていうことが大切です。

「練習を人一倍した、自己流の練習を毎日続けたなど地道なトレーニングがあったからこそ優勝できた。」

なぜそこまで練習できたのか?

悔しいことがあったからこそ練習できた場合もあります。

情景を浮かべながら面接官にも分かってもらえるように、 アピールして「真面目 」につなげられるといいですよ。

他にも、アルバイトやボランティア、習い事のことなんでもいいですよ。

考えて見ると、あんがい出てくるものですよ。

アピールをうまく伝えるには、 課題→解決→行動→活かすの一連の流れです。

これができる人は、仕事のやり方も上手くなることが僕の経験上いえます。

アピールのやり方で就職できる

コミュ障と思ってしまう方は、せっかくのアピールもボソボソという癖があるので、自信も持って言いましょう。

僕は、エピソードはあるのに「どうやってアピーしていけばいいか」不安がありました。

結局ダメじゃないかと思っていた時に、就職支援サービスを見つけました。

就職支援サービスは正社員で就職できるように、一人一人に専任のアドバイザーがついてくれて、紹介だけでなく 面接対策なども指導してくれます。

僕は、「ハタラクティブ」という就職支援サービスを使いました。

フリーターや既卒、コミュ障だと思ってしまう方の就職支援実績は、6万以上もおこなっていたことが安心でしたね。

専任の就職支援アドバイザーが、 アピール要素を引き出してもらえて「どうやって伝えていけばいいか」一緒になって考えてもらえました。

的確なアドバイスを受けて、面接練習を積み重ねることで、「真面目」のエピソードをうまくアピールできて就職することができました。

コミュ障の僕でさえ面接を乗り越えることができたので、あなたもきっと就職できますよ。

まとめ

  1. 「真面目」は仕事をするうえで、当然と言ったら当然に受け止められることがある
  2. コミュ障と思ってしま方は、真面目さが伝わらなくて、就職が難しくなる
  3. だから真面目をアピールできるエピソードが必要
  4. 上手く伝える順番としては、、課題→解決→行動→活かすの流れで話す
  5. 就職支援サービスを使うと、就職コンサルタントに面接対策まで指導してもらえるから、アピールする自信がつく
  6. 真面目さをアピールすることで、就職することは十分可能になる


いま読まれている記事

コミュ障でも正社員になれる!就職支援サイトランキング 1

コミュ障だから就職は難しいと思っていませんか? コミュ障だから面接に受からないと諦めていませんか? 確かに一人で就職活動をするととても大変です。 僕も何度も面接に落ち、何度も就職を諦めようと思ったこと ...

コミュ障が就職できないのは甘えがあるからなのか? 2

あなたは、「就職できない」と思っていませんか? そのように思ってしまう甘えがどこかにあり、就職できないのかもしれません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、「就職」に対して向き合っていけば、就職 ...

たった3つ!コミュ障が就職するための秘策とは 3

「コミュ障で就職できるか不安」 「面接を何回受けても、受からない」 確かに僕の経験でも、コミュニケーション能力がないと判断されたであろう面接では不採用になってきました。 というより、僕がこの秘策をマス ...

理系のコミュ障ならこんな就職先がオススメ 4

あなたは、理系なのに就職できないと悩んではいませんか? 理系は、就職が有利と思われがちですが、そうとは限りません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、比較的就職しやすい職種もあります。 今回は、 ...

5

文系は技術に特化した理系より、就職に不利なイメージがありますよね。 コミュ障の場合、ただでもコミュニーケーションが苦手というハンデがあるので、就職するためにどう対策をとっていけばいいのか? 悩ましいと ...

-コミュ障からの就職は難しいが無理じゃない

Copyright© コミュ障フリーターの就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.