コミュ障の考え方や行動を見直す方法

性格が暗いと思われがちなコミュ障の就職活動対策

投稿日:2017年8月23日 更新日:

あなたは、暗いといわれたことはありませんか?

コミュ障だと思ってしまう方は、ボソボソと話してしまうことで、面接官が受ける印象が悪くなってしまって不利になりがちです。

だから、笑顔が作って話すことさえできれば、就職が有利になります。

今回は、そのためにはどんな対策をしていけばいいかについて迫っていきます。

僕は、暗いと思われていたので面接で不採用になっていた

コミュ障の僕は、面接官を前にすると、自分の意見のうまく言えずに、受け答えがまともにできませんでした。

さらには、突っ込まれた質問をされると、なにも言えなくなることもありました。

それでも、「どうにか答えないといけない」と思ってしまうほどに、自信がなくなって声も小さくなっていきました

だから面接官には、暗い印象に思われてしまっていて、これまでに50回以上面接に不採用になりました。

自分では嫌な顔とか、マイナスなことは言わないようにしていたのに、言動から気づかれていたのかもしれません。

僕のようコミュ障だと思ってしまう方は、話しているだけでも暗いと思われがちになっていることが分かりました。

コミュ障は、暗いと思われがちなので面接に不利

コミュ障の思ってしまう方は、ボソボソと話したり、下を向いて話したり・マイナスなことを言っていることがよくあります。

その表情や言動から、性格が暗いと思われがちなのでコミュニケーション能力が低いと判断されやすくなります。

会社が求める一番の能力は、コミュニケーション能力です。

コミュニケーションは、仕事をするうえで必要なことです。

上司や先輩から仕事をもらう時に、内容を把握できるように聞かなければいけません。

分からなければ、質問して理解している内容と間違いがないか確認する必要があります。

終わったら、仕事ができたことを伝えなければいけません。

性格が暗いと思われがちなコミュ障の就職活動対策

相手に伝えることだけではなく、しっかり内容も聞くこともコミュニケーション能力なのです。

これができないと、仕事のミスがつながることもあります。

面接でも、受け答えから同じように暗いと思わがちで不利になってしまいます。

性格が暗いと思われがちなコミュ障だと思ってしまう方が、面接を受かりやすくするにはどうすればいいのでしょうか?

笑顔が作れるだけで、就職できる可能性が高くなる

性格が暗いと思われないために、笑顔で受け答えすることが大切になってきます。

笑顔で話すと、相手も話しやすくなり性格が暗いとは思われないです。

そのためには、どのような就職活動対策をすればいいのでしょうか?

自分で面接対策をする

あなたが面接を「どのように受けているかを知る」ことが必要です。

スマホなどで録画して自分の表情を確認してみてください。

動画が、面接官が見た時の印象です。

コミュ障と思ってしまう方は、紹介してきたような表情や言動により、暗いと思われがちです。

できるだけ明るく話して自然な笑顔を見せられるように練習しましょう。

それから自信を持って「自分は就職できる」という気持ちで面接を受けることが大切です。

そうすると、やる気が感じられて印象良く持ってもらえることが多くなります。

また話を聞く時も、穏やかな表情で話を聞けるといいですよ。

僕は、一人で練習していても、どこができているのか分からないことも多くありました。

そこで、就職支援サービスを使いました。

就職支援サービスを利用する

一人で練習することに不安なあなたも、就職支援サービスを使うことをオススメします。

就職支援サービスは、一人一人に合わせて専任のアドバイザーが丁寧に指導してくれます。

就職支援サービスを利用する

僕が使った就職支援サービスは、ハタラクティブ というものでした。

今まで、何人もフリーターや既卒・コミュ障と思ってしまう方などの就職支援してきたプロの人だからこそ、安心して受けることができました。

模擬面接を、専任の就職支援アドバイザーにしてもらうことで、面接官との受け答えがスムーズにできるようになります。

一人で練習では分からなかった、どこができていない、印象が伝わってない、自己アピールしていく方法など的確なアドバイスをもらうことができました

最初は、表情を気にする余裕もありませんでしたが、アドバイザーの方に何度も何度も練習をしてもらったことで、笑顔で話えたり聞くことができるようになっていきました。

だから、自己アピールうまくできるようになり、面接官に印象よく伝わって就職することができました。

まとめ

  1. コミュ障と思ってしまう方は、ボソボソと話したり、下を見いて話したり、マイナスなことを言っていることが多い
  2. だから性格が暗い思われがちに思われて、コミュニケーション能力が低いと面接官に感じられてしまう
  3. コミュニケーション能力は、会社が一番求める能力
  4. 性格が暗いと思われないためには、笑顔で話すこと
  5. そのためには、表情などを録画して、明るく話して自然が笑顔を作れるようにして、自信をつけていく
  6. さらには就職支援サービスを使って、専任のアドバイザーにどこができていないかとか、うまく伝わっていないなど教えてもらう
  7. 少しずつですが、笑顔で話したり聞けたり、さらには自己アピールもできるようになって面接を乗り切ることができる


いま読まれている記事

コミュ障でも正社員になれる!就職支援サイトランキング 1

会話が苦手だから、就職できないとあきらめてしまってはいませんか。 一人で就職活動をするから、就職することが難しくなってしまいます。 だから、正社員として就職するためには、プロのサポートを受けて、アドバ ...

コミュ障が就職できないのは甘えがあるからなのか? 2

あなたは、「就職できない」と思っていませんか? そのように思ってしまう甘えがどこかにあり、就職できないのかもしれません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、「就職」に対して向き合っていけば、就職 ...

コミュ障は採用されにくい?コミュ障で悩む人の就職活動まとめ 3

「面接を何回受けても、受からないな」と悩んでいませんか? 面接では、コミュニケーション能力がないと判断されたら不利になります。 ですが、コミュ障と思ってしまう方でも、「伝え方・第一印象・長く続けもらえ ...

理系のコミュ障ならこんな就職先がオススメ 4

あなたは、理系なのに就職できないと悩んではいませんか? 理系は、就職が有利と思われがちですが、そうとは限りません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、比較的就職しやすい職種もあります。 今回は、 ...

5

文系は、理系と比べて就職できる職種は多くあります。 ですが競合相手が多いために、会社が求めるハードルはそれだけ高くなります。 コミュ障だと思ってしまう方に必要なことが、熱意・人柄・そしてコミュニケーシ ...

-コミュ障の考え方や行動を見直す方法

Copyright© コミュ障フリーターの就職ナビ , 2018 AllRights Reserved.