コミュ障に合ったオススメの仕事探し

工場は正社員になりやすい!コミュ障が就職する前に知っておくべきこと

投稿日:2017年11月9日 更新日:

あなたは、工場で就職しようと考えていますか?

工場は、会話が少なくてすむから、就職したいと考えているのは良くないかもしれません。

それは、コミュ障と思ってしまう方にとって、人間関係や体力勝負のところがあるからです。

今回は、工場に就職する前に知っておくべき注意点や対策法に迫っていきます。

僕が、工場で働いてみて思ったこと

コミュ障の僕は、工場で働いたことはアルバイトでしかありません。

実際働いてみた工場は、流れ作業で一人一人に役割があって協力していくことで商品が完成していきました。

一人黙々と作業することもありましたが、流れが止まらないためには、声を掛け合ってミスが起きないようにしていました。

それでも他の仕事よりは、比較的話すことが少なかったので、精神的なプレッシャーは感じなかったですね。

一方で、ノルマやルールが厳しいこともあって決して楽な仕事ではなく、むしろずっと手を動かないといけないといけなかったのでは大変なところもありました。

働いてみて、工場のことについて分かったことがいくつかあり、知らずに就職することはリスクがあるかもしれないと感じました。

コミュ障だからいって、工場に就職しないこと

工場は正社員になりやすい!コミュ障が就職する前に知っておくべきこと

コミュ障だと思ってしまう方は、就職活動するうえで面接を乗り越えられないことが多いです。

それは、面接官との受け答えがまともにできていないからです。

会社が一番求めていることはコミュニケーション能力です。

スキルや性格も重要ですが、コミュニケーションができるかどうかを面接では見られています。

コミュ障だと思ってしまう方は、採用しても連携が取れないことで、ミスにつながると思われてしまいます。

だから、面接で苦戦することになるのです。

「人と会話することが少ない職業に就職すればいいじゃない?」と考える人も多いですよね。

その代表的な職種が「工場」です。

確かに、工場だと人と関わりが少ないから、比較的正社員になりやすいです。

それだけの理由で、就職を決めるのはリスクがあります。

工場に就職する前に知っておくべきこと

工場だと、コミュ障と思ってしまう方でも働きやすいイメージがあるかと思います。

でも、就職前に知っておくべきことがいくつかあるのでまとめてみました。

工場に就職する前に知っておくべきこと

待遇がいい

工場は、他の業界と比べて待遇がいいのが大きなメリットの一つかなという印象です。

シフト制で動く場合が多く残業が少なく、休みも固定されている場合が多いですね。

そのために、仕事とプライベートの区別がはっきりしています。

食事手当や通勤手当など、諸手当がつくので高い給料がもらえるケースもありますよ。

人間関係が難しい

工場は、一人一人黙々と作業しているイメージがありますよね。

基本的には、挨拶がしっかりできていればやっていけます。

しかし、職場にはガツガツしている人もいて、縦社会みたいなところもあります

細かく指摘してくる上司や先輩もいて、会話に自信がない人にとっては人間関係が難しいこともあります。

体力がないと長続きしない

工場で働く人は、だいたいが立ち仕事になります。

また、重い荷物を運んだりするので、体力に自信がないと長続きしません

そのうえシフト性のところが多く、夜勤に回されると生活リズムを整えるのが大変です。

コミュ障だと思ってしまう方でも、工場だったら仕事ができると、甘い考えで就職するとかえってしんどい思いをするだけですよ。

だから、紹介した「待遇がいい、人間関係が難しい、体力がないとやっていけない」ことを理解したうえで、就職を考えて見てくださいね。

工場の中でも、検品、組み立て、加工、塗装などいろいろな仕事があります。

正社員として就職するなら、働きがいのある、自分に合う工場に就職したいですよね。

工場ワークス」なら、あなたの希望条件を全国の工場から見つけることができます。

しかも、掲載求人は驚きの25,000件以上あります。

メールのやり取りにはなってしまいますが、プロの方に相談してあなたにぴったりの仕事を探してもらうことも可能です。

また、履歴書や職務経歴の書き方もサイトで紹介されていますから、参考にしてみてくださいね。

働くうえで知っておいたほうがいい専門用語や豆知識なども紹介されていますよ。

まとめ

  1. 工場だったら、コミュ障だと思ってしまう方でも比較的正社員になりやすいです。
  2. しかし、就職前に知っておくべきことは、「待遇がいい、人間関係が難しい、体力がないと続けられない」
  3. 残量が少なく、休みが固定されていて、諸手当が付くこと多く待遇がいいのは大きなメリット
  4. 縦社会のところもあって、細かく指摘してくる上司や先輩もいるので人間関係が難しい
  5. 立ち仕事がほとんどで、重労働やシフト性のところが多く、体力に自信がないと続けられない
  6. 少しでもあなたにぴったりの工場を探すには、「工場ワークス」のサイトがオススメです。
  7. 全国の工場からプロの方に相談しながら探してもらうことができ、サイトには書類の書き方、豆知識なども紹介されている


いま読まれている記事

コミュ障でも正社員になれる!就職支援サイトランキング 1

会話が苦手だから、就職できないとあきらめてしまってはいませんか? 一人で就職活動をするから、就職することが難しくなってしまいます。 だから、正社員として就職するためには、プロのサポートを受けて、アドバ ...

コミュ障が就職できないのは甘えがあるからなのか? 2

あなたは、「就職できない」と思っていませんか? そのように思ってしまう甘えがどこかにあり、就職できないのかもしれません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、「就職」に対して向き合っていけば、就職 ...

コミュ障は採用されにくい?コミュ障で悩む人の就職活動まとめ 3

「面接を何回受けても、受からないな」と悩んでいませんか? 面接では、コミュニケーション能力がないと判断されたら不利になります。 ですが、コミュ障と思ってしまう方でも、「伝え方・第一印象・長く続けもらえ ...

理系のコミュ障ならこんな就職先がオススメ 4

あなたは、理系なのに就職できないと悩んではいませんか? 理系は、就職が有利と思われがちですが、そうとは限りません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、比較的就職しやすい職種もあります。 今回は、 ...

5

文系は、理系と比べて就職できる職種は多くあります。 ですが競合相手が多いために、会社が求めるハードルはそれだけ高くなります。 コミュ障だと思ってしまう方に必要なことが、熱意・人柄・そしてコミュニケーシ ...

-コミュ障に合ったオススメの仕事探し

Copyright© コミュ障フリーターの就職ナビ , 2018 AllRights Reserved.