コミュ障が就職できない原因

コミュ障が就職できないのは職業をこだわっているのが原因かも

投稿日:2017年6月21日 更新日:

あなたも、できれば好きな仕事や職業にこだわりたいですよね。

しかし、コミュ障と思ってしまう方が、あまりこだわっていれば就職できないかもしれません。

なぜなら、多くの仕事がコミュニケーション能力を必要としているからです。

また、30歳を過ぎてしまうと就職ができなくなってしまいます。

今回は、どうやって仕事を探していけば、できるだけあなたがやりたい仕事ができるのか注意点と対策について紹介します。

僕も、やりたい仕事があったけど就職できなかった

コミュ障の僕も、やりたかった職業があったので、こだわってました。

しかし、面接ではその 思いが伝えられずに、質問がきてもうまく返答することができなくて、終わってから後悔する日々でした。

その繰り返しで、受けても受けても同じような結果になって50回以上も不採用になりました。

「どうしたら、伝えることができるんだろうか?」と考えて練習をしっかりして、いろいろ面接で試してみたけど、どれも上手くいきませんでした。

僕は、どうしても職業を変えてまで就職しても、嫌になって続かないと思っていたからです。

話すことが苦手な人が、職業をこだわっていると、うまく思いが伝わらないことで僕みたいに就職できないことも分かってきました。

あまりこだわっていると就職できなくなる

「しんどそうな仕事だな」「やりたくない仕事だな」などで選んでいることが、就職できない原因かもしれません。

「自分がしたい仕事とは違うな」と思って、職種を選び続けているのは良くありません。

どんな仕事でも、良いところや悪いところはそれなりにあります。

どのように自分で解釈して仕事をしていけるかってことも重要です。

つまらなそうな仕事だと思っていても、やっているうちに少しずつ仕事の面白さが分かってきたり、やりがいを感じたりすることはよくあることです。

仕事は我慢して続けることも大切ですよ。

コミュ障が就職できないのは職業をこだわっているのが原因かも

コミュ障と思ってしまう方は、就職できる職種も限られるかもしれません。

仕事をする上で、 コミュニケーションは欠かせないものだかです。

仕事の連携が取れずに、ミスをしてしまうと思われてしまうからです。

だから、人と接する仕事よりも、物と接する仕事のほうが就職しやすいです。

代表的なものでいうと、工場系や警備業になりますね。

最初は、教えてもらう必要があるために会話することもありますが、慣れてくると一人で黙々と作業することができますよ。

あまり職種をこだわりすぎて、経験やスキルがないまま、年齢を重ねて就職ができないこともあります。

というのも、 30歳以上になると就職が難しくなります

なぜなら、若い人のほうが柔軟で仕事の覚えがよく、プライドが高くないイメージがあるからです。

そのため、就職は20代の若いうちに就職活動しておくことが重要になってきます。

かといって職種を選ばずに、就職してしまうことも危険があります。

労働条件は、調べておく必要がある

求人には、勤務時間を書いている時間より実際は、長時間働くことになったり、残業代が給料込みだったり、休みがなかったりといったブラック企業も数多くあります。

その場合は、面接で確かめる癖をつけましょう。

聞けば、面接官も嘘を言うことはまずないでしょう。

労働条件は、自分で調べる

しかし、コミュ障と思ってしまう方は聞き逃してり、うまく聞けなかったりすることもあります。

もし採用されても、ブラック企業だと就職してからが大変ですよね。

一人で求人を探すと、見分けるのが難しいといえます。

僕は、面接に不採用になっていた時に、就職支援支援サービスを見つけました。

あなたにぴったりの職業を探すには

就職支援サービスは、一人一人に、専任のコンタルタントが親身になって、あなたが正社員で就職できるようにサポートしてくれますよ。

あなたの意見を聞きつつ、求人を一緒に探してもらえますよ。

僕が、使ったハタラクティブは、利用者の3人に2人が20代で、就職率が80%と高く、 未経験OKの求人が1500件以上あることが特徴です。

求人は、スタッフが職場に訪れて調べてきた優良企業ばかりです。

また求人で気になることは、コンタルタントが担当者に聞いてくれるので、ミスマッチが少なく済みますよ。

僕は、就職コンサルタントの方に相談することで、職のこだわりを見つめ直して、考え方を変えることで、紹介してもらった求人もありかなと思うことができました。

肝心の面接対策では、的確なアドバイスをもらって、 面接のコツや、受け答えなど僕が苦手だったことを徹底して練習を積み重ねることができました。

最初からうまくはできませんでしたが、あきらめずにアドバイスを受けながら練習できたことが良かったですね。

こんなコミュ障の僕でさえ、面接を乗り越えることができたので、あなたにだって就職できるはずですよ。

まとめ

  1. コミュニケーションを求められる仕事にこだわっていることが、就職できない原因かも
  2. 一人で黙々できる人と接するよりも物と接する、工場や警備業がオススメ
  3. 30歳を超えてしまうと、年齢的に採用してもらえない
  4. 一人で求人を探すとブラック企業と見分けることが難しい
  5. 就職支援サービスを使えば、専任のコンサルタントにサポートをしてもらえて、紹介してもらえる企業は優良企業ばかり
  6. 専任のコンサルタントに面接対策をしてもらえ、的確なアドバイスを受けることができますよ。
  7. コンサルタントの方は、あなたの意見を尊重して聞いてもらえるので、できるだけしたい仕事に近づける


いま読まれている記事

コミュ障でも正社員になれる!就職支援サイトランキング 1

コミュ障だから就職は難しいと思っていませんか? コミュ障だから面接に受からないと諦めていませんか? 確かに一人で就職活動をするととても大変です。 僕も何度も面接に落ち、何度も就職を諦めようと思ったこと ...

コミュ障が就職できないのは甘えがあるからなのか? 2

あなたは、「就職できない」と思っていませんか? そのように思ってしまう甘えがどこかにあり、就職できないのかもしれません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、「就職」に対して向き合っていけば、就職 ...

たった3つ!コミュ障が就職するための秘策とは 3

「コミュ障で就職できるか不安」 「面接を何回受けても、受からない」 確かに僕の経験でも、コミュニケーション能力がないと判断されたであろう面接では不採用になってきました。 というより、僕がこの秘策をマス ...

理系のコミュ障ならこんな就職先がオススメ 4

あなたは、理系なのに就職できないと悩んではいませんか? 理系は、就職が有利と思われがちですが、そうとは限りません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、比較的就職しやすい職種もあります。 今回は、 ...

5

文系は技術に特化した理系より、就職に不利なイメージがありますよね。 コミュ障の場合、ただでもコミュニーケーションが苦手というハンデがあるので、就職するためにどう対策をとっていけばいいのか? 悩ましいと ...

-コミュ障が就職できない原因

Copyright© コミュ障フリーターの就職ナビ , 2018 All Rights Reserved.