コミュ障の考え方や行動を見直す方法

コミュ障が就職する為に必要な改善ポイントまとめ

投稿日:2017年10月31日 更新日:

面接に失敗して、どこを直したらいいか分からない人も多いです。

改善して面接を受けていかないと、同じような結果になってしまいます。

コミュ障だと思ってしまう方は、第一印象・仕事に対する考え方を改善していけば、就職できる可能性が高くなります。

今回は、改善するポイントための理由や対策法に迫っていきます。

僕は、具体的に話すことができていなかった

コミュ障の僕は、面接で受け答えができていると思っていたのに、これまでに50回以上不採用になりました。

それは面接官に伝わってないこと、理解してもらえてないことが一番大きな原因だったと考えました。

僕は、話し方に抑揚や身振り手振りを付けてみたり、ハキハキできるだけ分かりやすく伝えようとしました。

ですが、何をやってもダメで、面接官の表情や質問内容などからも伝わってなかったんだなと分かりました。

それなら話す内容をもっと具体的に伝わりやすくいないといけない、そのためにはどんなことを改善すればいいのか悩み続ける日々でした。

面接を受けていくなかで、僕なりに伝えるために改善できるポイントをいくつか見つけることができました。

コミュ障は、面接官にどう見られている?

あなたは、面接官の会話がしっかりできていますか?

できていないと答えた方もいると思います。

コミュ障が就職する為に必要な改善ポイントまとめ

面接官は、受け答えをすることで、あなたのコミュニケーション能力を見ています。

なぜならば、会社で一番求められる能力だからです。

コミュニケーションは、仕事をするうえで欠かせないものです。

職種によって、多かれ少なかれあるとは思いますけどね。

その会社が求める、コミュニケーション能力があるかどうか判断されています。

コミュ障と思ってしまう方は、面接になると緊張して言いたいことが伝わらない、質問にも答えることができないことが多くあります。

これでは、コミュニケーション能力があるとはいえません。

面接官からは、仕事ができないと見られるため受かりにくいのです。

就職するためには、受け答えがしっかりできるように改善して「仕事ができる」と思ってもらうことが大切です。

あなたは、改善しようとする行動をとりましたか?

コミュ障と思ってしまう方は、基本ネガティブな考え方をします。

「自分なんか就職できない」と思っていては、ダメですよ。

就職するためには、自分から行動して改善することが大切ですよ。

面接を突破するための改善ポイント

改善ポイントが分かったうえで意識して、面接を受けると就職できる可能性が高くなります。

まとめてみたので、面接時に役立ててみてくださいね。

面接を突破するための改善ポイント

第一印象

まずは、表情や態度・話し方などの第一印象で9割がわずか2~3秒で決まってしまいます。

コミュ障だと思ってしまう方は、話す時にりきみすぎるから表情がこわばって見えてしまいます。

リラックスして、笑顔でハキハキ言えば、面接官に伝わりやすいですよ。

また面接前には、伝えたいことをノートや紙にまとめて整理しておきましょう。

そして、結論から話し始めることで、聞く側が理解しやすくなりますよ

仕事に取り組む姿勢

仕事をどのようにやっていきたいのか明確にしておくことで熱意や、やる気が感じやすいですよ。

それには、自己分析をしてあなたの強みを引き出しておく、それから企業分析をして会社について理解しておくことが必要です。

これができると、あなたのアピールポイントが作りやすくなって、さらには説得力がでてきます。

仕事に取り組む姿勢が伝わりやすくなりますよ。

仕事ができるかどうか

仕事を続けていくには、コミュニケーションを取って、人間関係を築いていかなければいけません。

そうすることで、職場の人と協力し合って仕事ができます。

コミュニケーションが取れていないと、連携が取れないことでミスにつながると思われてしまいます。

紹介してきたことが改善できるポイントですね。

第一印象や仕事に取り組む姿勢は、あなたが面接で意識すれば改善しやすいです。

面接官は、コミュ障と思ってしまう方に対して引っかかっているのは、仕事ができるかどうかです。

だからこそ、面接練習を積み重ねて、受け答えができるようになっておく必要があります。

一人で練習するよりも、家族や友人に見てもらったほうが、できてないところがはっきり分かるので改善しやすいです。

僕は、就職支援サービスを活用して、専任の就職支援アドバイザーの目線からアドバイスをもらって、紹介したことを意識しながら練習を積み重ねました。

だから、面接を乗り越えることができたので、あなたにだって就職できるはずですよ。

まとめ

  1. コミュ障だと思ってしまう方は、就職面接の受け答えから「仕事ができない」と思われがち
  2. それは、会社で一番求められていることが、コミュニケーション能力だから
  3. 改善するポイントは「第一印象、仕事に取り組む姿勢、仕事ができるかどうか」の3つある
  4. 第一印象は、9割が2~3秒で決まってしまうため、伝えたいことを整理して結論から、リラックスして、笑顔でハキハキという
  5. 仕事に取り組む姿勢は、自己分析と企業分析をして、説得力のあるアピールをして熱意ややる気を伝える
  6. 仕事ができるかどうかは、受け答えをしてコミュニケーションが取れることを分かってもらう
  7. だからこそ面接練習をする、一人でするよりも家族や友人、あるいは就職支援サービスなどを活用することがオススメ
  8. 就職支援アドバイザーの方にアドバイスをしてもらって、改善ポイントを活かしながら練習を積み重ねること


いま読まれている記事

コミュ障でも正社員になれる!就職支援サイトランキング 1

会話が苦手だから、就職できないとあきらめてしまってはいませんか。 一人で就職活動をするから、就職することが難しくなってしまいます。 だから、正社員として就職するためには、プロのサポートを受けて、アドバ ...

コミュ障が就職できないのは甘えがあるからなのか? 2

あなたは、「就職できない」と思っていませんか? そのように思ってしまう甘えがどこかにあり、就職できないのかもしれません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、「就職」に対して向き合っていけば、就職 ...

コミュ障は採用されにくい?コミュ障で悩む人の就職活動まとめ 3

「面接を何回受けても、受からないな」と悩んでいませんか? 面接では、コミュニケーション能力がないと判断されたら不利になります。 ですが、コミュ障と思ってしまう方でも、「伝え方・第一印象・長く続けもらえ ...

理系のコミュ障ならこんな就職先がオススメ 4

あなたは、理系なのに就職できないと悩んではいませんか? 理系は、就職が有利と思われがちですが、そうとは限りません。 ですが、コミュ障だと思ってしまう方でも、比較的就職しやすい職種もあります。 今回は、 ...

5

文系は、理系と比べて就職できる職種は多くあります。 ですが競合相手が多いために、会社が求めるハードルはそれだけ高くなります。 コミュ障だと思ってしまう方に必要なことが、熱意・人柄・そしてコミュニケーシ ...

-コミュ障の考え方や行動を見直す方法

Copyright© コミュ障フリーターの就職ナビ , 2018 AllRights Reserved.